スポンサードリンク
   


岡山後楽園―岡山の観光地・名所―


日本三名園の一つである『岡山後楽園』は岡山藩主池田綱政公が家臣の津田永忠に命じて、貞享4年(1687年)に着工し、元禄13年(1700年)にはだいたいのお庭ができたと言われています。
今も岡山県民に愛されている庭園の一つです。
また春夏秋冬を感じることも。
ここには桜の開花の標本木になる桜があり、また後楽園の中でもお花見を楽しむことができます。
夏は『幻想庭園』といい、夜の一定期間のみ開場しており、ろうそくなどで幻想的に彩られています。去年は7月29日から8月15日の約3週間開催されました。
秋は紅葉、そして冬は、そう鶴です!!
これは昔々中国の政治家により2羽のタンチョウヅルが贈られました。今も鶴の飼われており、お正月元旦には園内に放つイベントが催されています。
鶴はこのようなご縁で後楽園のシンボルのような存在です。

スワンボートもよくみれば一艘だけ鶴だったりします。
★IMGP0195.JPG


こんなかわいい鶴のポストもあります。
IMGP0198.JPG



近々の情報では毎年7月初旬に『観蓮節』が行われます。
これは早朝午前4時(!!)から開園して、園内にある蓮の開花の様子を観る催しです。例年琴や尺八等の演奏や、茶席なども設けられます。
“早起きは三文の徳”どころではないお得で、感動的な場面に出会えることでしょう。
こんな蓮が見られたらいいですね。
1img_6384.jpg


1img_6313.jpg

※これはイメージです。

これからますます緑がもりもり生い茂るよい季節です。
一度と言わず二度三度訪れてみてはいかがでしょう。

※ベビーカーは無料で貸し出してくれます。
※またボランティアガイドさんが無料でご案内してくれるサービスも!!

会館時間3月20日~9月30日 午前7:30~午後6:00
      10月1日〜3月19日 午前8:00~午後5:00
入園料 大人 400円
     子ども140円
  65歳以上140円
 
【お得な共通入園券】
岡山城と後楽園 大人520円
県立美術館と後楽園 大人560円 子ども260円
岡山城と後楽園、林原美術館 大人960円

駐車場はたくさんあります。
普通車 1時間100円

後楽園までのアクセス:
岡山駅から岡電バスの「藤原団地行き」に乗ってください。
後楽園に行かれる際は、“蓬莱橋(ほうらいばし)”で降りてください。(料金は140円)

岡山後楽園のHP:
http://www.okayama-korakuen.jp/
posted by 岡山スポット at | 岡山の観光地・名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


太陽光発電比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。